爽やか最高です

更新日:2018年08月19日(日) 08:18:58

熱波が1ヶ月続いたもんね、だからこそ涼しさが満喫できます!
生きている限り人間、修行ですな。
釈尊は人生を「苦である」とおっしゃった。要するに自分の思い通りにならん、ということです。
何事も辛抱なんですね。気持ちいいのは一瞬だけ。
何かを達成しても、達成した喜びが永遠には続かない。だけど達成した喜びは体験として残る。
大好きな野球をしているイチロー選手でさえも「今辞めれたらどんなに楽なんだろう・・・」と言っているくらいですから。
苦しさという、熱波、を常に彼は自ら自分に浴びせているのだろう・・・
日展作家で人気作家の水野しづさんとお会いする機会があり彼女の自宅にお招きいただいたときの事です。
その時同席していた方で、動物とお話ができる能力のある方とお話ししていた時に、彼女が家の事、旦那子供たちのことを守りながら、陶芸活動するのは非常に大変である、ということをお話の中でうかがい知ることができました。
いつも笑顔を絶やすことがない水野さんも、日々大忙しの最中凄まじい数の作品を作り続けている(その中で彼女が選ぶのは数点だけです)。
大変さと苦悩の連続でも決して表にそれを出すことはない。だからこそ皆に支持を得ているのかもしれない、と思ったものでした。
もちろん彼女のセンスの良い作品はいうまでもないことなのですが。
人間ほんま辛抱が大切なんですね。辛抱辛抱の連続なんです。そうして魂が磨かれていくのでしょう。
好きで結婚した夫婦も最初だけラブラブで楽しくても、いつかはそれも消えていくのです。
それからが本当の夫婦愛を始める修行かもしれません。
子供も可愛いだけでは育ちません。というか育てれません。
心身常に手塩にかけつつ、手を出したくても我慢して目をかけるだけ、という期間も必要で大変なものです。
この世はどの場所に行っても辛抱から逃げ切れる場所はありません。
そうとわかったら、ドーンとストレスに浸かってしまうのもひとつの方法かもしれませんね。
いわゆる実力で名を轟かせている人たちは、私たちに、辛抱の大切さ、を教えてくれていることは間違いありません。

キャンセル