できるまでやる。何度でも挑戦する。

更新日:2018年08月05日(日) 18:41:12

雨にもまけず
風にもまけず
雪にも夏の暑さにもまけぬ
丈夫なからだをもち
欲はなく
決して怒らず・・・・
・・・みんなにデクノボーとよばれ
ほめられもせず
くにもされず
そういうものに
わたしはなりたい
宮沢賢治ですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後が肝心で「・・・そういうものに私はなりたい・・・」と。
ということは宮沢賢治は、そういう人になれなかった。ということですね。笑い
私は彼を馬鹿にしているんじゃないですよ。むしろ尊敬しているのです。
だって正直じゃない、そういう人になりたい、ということは、なれなかった、といっているんですから。流石ですな!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なりたい自分になる。なんて芸当私にはできません。気づいたらこうなっていたのです。
自分なんて過去を振り返っても努力が継続したことなんて皆無ですよ、爆
部活、趣味、仕事(今の仕事は違いますが、笑)、人間関係・・・
みんな中途半端で挫折ですよ。笑い
でも自分にはそれがあっているんだと思うし、おれの子供はある意味幸せだと思うよ。
だって親があんまり優秀だと子供も大変でしょ、おれは努力家でも優秀でもないからね、爆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
冒頭の「できるまでやる。何度でも挑戦する」ことのできる人は、それができること自体が才能だと思いますよ。大変な才能ですが、あなたはそんな才能が欲しいですか?
イチロー選手、大谷選手、羽生選手・・・。凄まじすぎると思いませんか?
お金儲けの達人でもそうですが、ほんと凄まじい努力していますからね。
いくら仕事が趣味みたいで楽しい、といっていてもほんとは凄い厳しいですからね。
自分なんか努力が実ったことなんてないですからね、ほんと。
ただ有り難いことに、周りがいつも助けてくれた、ってことです。
だから、努力云々言う前に、感謝感謝して生きることが私の使命だと思っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
毎年暑さに負けて弱音を吐き、羽目を外した人生を送り、根性がないのにあるふりをしたり、欲に目がくらんで大損したり・・・
反省はしても後悔はしていけない、なんて他人に説教して、その実いつも後悔している自分がいたり、
もう嫌になっちゃうほど恥ずかしい自分ですが、そんな自分を愛しているんですよ、爆
こんなこと書かん方がよかったのかな、笑い

2 thoughts on “できるまでやる。何度でも挑戦する。

  1. お久しぶりです。宮沢賢治の有名な文なので私も知っていましたが最後の1文にそんなに深い意味があったなんて考えたこともありませんでした。(笑)さすが住職ですね!きっとその部分は宮沢賢治の隠れた思いであって気づく人は少ないと思います。最後の1文がなんとも心にささりました(笑)
    私は努力することはあまり苦にならないタイプなのかなと思っています。まぁまだ人生経験がそんなにあるわけでもないので適当なことはあまり言えませんが…(笑)どちらかと言えば努力することは当たり前かなと思っていたのでこのブログを読んでこれも才能として捉えてもいいかなと自信が持てました。住職は中途半端で挫折と仰っていますがきっと周りから見るときちんとこなしているように見えていると思いますよ。じゃないと今こんなに幸せや感謝と口になんて出来ませんよ!次の更新も楽しみにしています!

    reply
    • 本当にいいコメントありがとうございます!
      「どちらかと言えば努力することは当たり前かな・・・」素晴らしいですよ道子さん。
      自信持ちまくって大丈夫です。保証します。笑い
      感謝の言葉自身の魂に響くのです。だからやめられません。笑い
      いつも道子さんに感謝してます

      reply

キャンセル