神仏の救いはあるのか?

更新日:2018年06月01日(金) 14:07:14

結論から言えば「ある」ですね、間違いない!
ただ「救い」ということを個人がどう解釈するかです。
救いがあるから、朝目が覚めた。ごはんが食べれた。風呂に入れた・・・
でもこれって、当たり前、なことなのです。当たり前が、有難いと思えるかどうかですな。
有り難い、と思えなくて不平不満を心に思い浮かべたり口にするから、有り難い、ということを感じさせる愛の鞭(嫌な事)が飛んでくる。笑い
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「衆生の解脱せざるは、ただ冥利を貪るによる・・・」と空海は言い切る。
さすが人間の心を見抜いている。
じつは冥利を貪る心は、ほぼ全員といっていいくらいみんな思っている。それを表に出すか出さないかの違いです。
比較したりされることを徹底的に無意識に刻むほど私たちは教育されてきたからね、これはもうしょうがない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
冥利を求める心は自然なことなのです。空海は、貪るな、といっいるのです。限度を超えては危険だ、ということを私たちに警鐘を鳴らしているのです。
食事だって、ほどほどに食べていれば健康を維持します。しかし度を過ぎれば病に罹ってしまう。
贅沢もささやかな喜びを味わっていれば楽しいものを、足らん足らん、と言ったり思ったりしているから、犯罪を犯したり、他人を羨ましがりすぎて人生狂っちゃう人がいます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
よ~く周りを見てごらん。ほとんどの人は、人生変わらんようにできているんですよ。
成功した人がいるではないか。確かにいますがそんな才能のある人は10000分の1ですよ。笑い
おれね努力が無駄と言っているのではないよ。努力ってみんなそれなりにしているんだよ。
でも努力めちゃめちゃできる、っていう才能に恵まれている人もいるんです。だからそういう人にはかなわないよな。ていうかそんなの羨ましがってしょうがない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そんなことで心を痛めるより感謝の毎日を送った方がとっても豊かなのに・・・
でもそれができない人が多いよね。だから人は変わらない。笑い
私たちは神仏のご利益を既にいただいているから生きているのです(亡くなることは罰ではないです)。だから、ありがたい、のです。
見方を変えれば、神仏の恩返しのために、私たちは神社仏閣を建ててきたのです。
見えないお力、ご利益を、見える建物に表現したのです。
「ここから泉が湧き出てくる。なんと有り難いことだろう。じゃあここに観音様、龍神様をお祭りしよう・・・」
「この場所に来るといつも心身が癒される。とても有難いことだ。感謝を現すためにここに神社仏閣を建てて祭ろう・・・」
「五穀豊穣は私たちの命の糧である。この土地に感謝しよう、ということでお地蔵様を道に鎮座させたりご本尊様をお造りしよう・・・」ということです。
わたしたちは既にご利益いただいているのです。だからこそ感謝深謝で合掌するのです。

2 thoughts on “神仏の救いはあるのか?

  1. お久しぶりです。感謝や今の現状に満足することは非常に大事な事だと改めて気付かされました。やはり空海は言うことが違いますね!一つ一つの名言に深い意味があって聞くだけで人生の考え方が変わります。私もたまに自分の環境が良いのにも関わらず欲深になってしまうことがありますがこの文を見て現状に感謝しようと思いました。なのでこの言葉を教えてくれた住職にも感謝です。
    今の日本では道に座っているお地蔵様や神様に手を合わせることや感謝を伝えることが減ってきてしまっていますが私だけでもこの気持ちを忘れずに合掌していきたいと思います。

    reply
  2. 道子さんありがとうございます♪
    日本は、型、の文化です。
    柔道、剣道、空手・・・、全部基本(型)ができていないと話になりません
    それが分かっているのに、幸福、については型があるのに、多くはそのことに気づいていません
    感謝、言葉、合掌、これらを整えれば毎日を心豊かに過ごすことができます
    でもほとんどの人はそれらの型を実践せずに、幸せ、とは何か?ということも理解せずに日々をすごしているのです。
    お金は大事です。貧乏では幸せは実感しません。
    でも心の豊かさがわかっていないのに、お金だけ増やせば幸せになれる、と思い込んでいるのが現代人なのです
    順番からすれば、心が第一なのです。
    心豊かな人が、人を幸せな気持ちにさせるのです
    お金が自分のところに来ないのです。人がお金を運んできてくれるのです
    例えば、お店でどんなうまい料理を提供されても、そこで働く社長や職員が感じ悪かったら二度とその店には行きたくないでしょう。それは心がその店で働く人をを拒否するからなのです。
    心が上なのです。でもそれをわかろうとしないのか、教えてくれる人がいないのかわかりませんが、みんなその大切な事に気づいていないのが現状です

    reply

キャンセル