偶像崇拝

更新日:2017年06月22日(木) 14:25:26

偶像崇拝を否定する輩がいることに驚く。だったらみんなイスラム教になったら、笑い
あのねキリスト教でもなんでもいいんだけど、自分の信じているものが一番正しい、っていってるブログなんか紹介されて見るけど偏っているよね(ご丁寧にメールで教えてくれる人がいるので)
偶像を拝むことがよくない、というより、その偶像がどんな姿をしているのか、ということがポイントなんですよ。
それが悪魔的な獣の姿であったり、悪の心が彷彿するような偶像は、いかん、ということなんですよ。
じゃあ偶像がなくて建物だけであればいいのか?そうじやないですよ、建物だって偶像と同様人間の心に影響をしっかり与えるのですから、そこんとを無視して「偶像崇拝はいかん」というのはばっかじゃなかろうかと思うのです。
釈迦は悪魔崇拝だ、密教も悪魔崇拝だ、神社も悪魔崇拝だとかいうアホなこと言う人いるけど、それで悪魔的になった僧侶や人がいるんですか?
阿字観、坐禅、写経などして心が獣になるんですか?なるわけがないだろうよ。
きっと自分の信じる神を広めたいがために、他の教えを批判してしまうのだろう、どこぞやの宗教と同じやないか。
キリストも偶像崇拝を禁止しましたよ、どうしてか?それは金(ゴールド)でできていた悪魔の獣の姿だったからでしょ。
砂漠で産まれた宗教、海辺で産まれた宗教、山岳地帯で産まれた宗教・・・みんなそれぞれ違うんですよ。
日本がどうして他国に侵略されなかった理由として、海に囲まれているから、とよくいわれるが、それだけではあるまい。
この日本という大地は、さまざまな霊的なことが施されていて、そして太古の昔より要所要所に神社仏閣が建てられて外国からの侵入を防いできたのです。だからいまの私たちがあるのですよ。
そのことに感謝もせず、神仏を悪魔呼ばわりすることはどうかと思う。
善になるか悪になるかは、すべてはご縁で、わたしちの向上心次第なのです
偶像崇拝しなくてもいい人もいれば、あのお姿を拝んで幸せな気持ちになる人もいるのです。
密教はとくに誤解されやすい部分があります。でも本質をみればすべて菩薩の境地なのです。
密教を否定することは即ち、自分自身を否定することにもつながります。
今までの宗教は愛欲、食欲、物欲を否定し続けてきたのです。これじゃあ人間やめなかあかんでしょ。
たしかに行き過ぎた欲望は人生をダメにしますが、ほどほどの欲望は人生をより豊かにするものです。
太陽を拝んで感謝する人もいれば、ニムデロ(悪魔)を拝むことになる、というバカな輩もいる。
人間にとって大切なことは、意識を高めて心豊かに生活することなのです。
宗教だけではありません、茶道、華道、書道、柔道・・・すべての道は、神様、につながる作法なのです。だから道場には神棚があるのです。
そういえば紹介していただいたブログには、千利休も悪魔崇拝だと書いてありましたな、笑
譲歩してたとえそうだとしても、茶道をすることによって心の波動が上がればなんも問題があるわけではありませんがね。
わたしは日本文化を否定する輩こそ、悪魔魔王、なる存在だと確信します。
この精神的な土壌を破壊して、いったい誰が得するのでしょう?たぶんそれはシオニスト(ユダヤ民族主義者)の傀儡たちでしょうね。彼らにとっては自分たち以外の神はサタンなのですから。
シリア、アフガンでは実弾が飛び交って戦争しています。
日本では実弾の戦争はしていませんが、日本の精神文化を破壊する、心を破壊させる戦争、が戦後ずっと続いています。
わたしたちが大切にしなくてはいけないことは何か?いま最終的な岐路に立たさせられている、と感じるのは私だけではないと思っています。

One thought on “偶像崇拝

  1. お久しぶりです。久しぶりのブログも心に響きました。
    偏った考えで自分の信じてるもの以外は悪魔的でだめと言ってる人達はきっと自分が信じていると言っている神様や宗教ですら本当に信じきれていないんだなと私は思いました。
    どんな宗教(人を陥れたり、お金儲けの宗教は別)でも神様は、他の神を拝むなということは言ってないと思います。神様はそんな小さなことなんか気にしないと私は思うからです。
    日本でも変な宗教が増えて来ているからそういうのにはみんなも引っかからないように気をつけて欲しいと思いますね、、

    reply

キャンセル